自宅のベランダ等にバルコニータイルを敷く場合、専門業者に頼む人と自分で敷く人に分かれます。
一見難しそうな作業ですが、実際やってみると特に難しいものではなく、女性の方でも出来る作業です。自分でバルコニータイルを敷く場合、どのようなタイルを選ぶかが問題となります。

ここでタイルのデザインから入ると完成後の見た目が納得いかなくなる場合があります。

バルコニータイルのサイズには100角と150角、そして300角の計3種類あります。


この3種類の中からどのタイルを選択するかといいますと、選び方としてはまずバルコニーの大きさを考えて行くことになります。



小さなバルコニー(概ね6平米前後)の場合にはタイルを貼る枚数が少なくなり、同様にタイル目地も少なくなりますので、1枚のタイルが小さい100角がお勧めとなります。
しかし、バルコニーが大きい場合に100角を使用しますと、目地が多い分非常に不自然に見えます。



ですから、バルコニーが大きい場合には300角がお勧めとなります。

300角は、タイルカットによる施工が優れおり100角のような隙間調整を行わないため、見た目が自然な仕上がりになります。

大きなバルコニーで300角を使用しますと、目地の少なさから高級感を演出することができます。


なお、150角タイルは100角と300角のメリット並びにデメリットの中間の特徴を持っています。

このように、バルコニータイル選びは、デザイン等から入るのではなく、タイルを貼るバルコニーの大きさが非常に重要となってくるのです。